ガイドクラブ

「吉野川宮滝周辺散策」と「手漉和紙工房見学」(2018年)

今年度のガイドクラブ散策では、10月13日(土)に奈良県吉野町の吉野川沿いの名所を訪ねます。

◆参加費:会員2000円 一般2500円 (定員15名、昼食代・バス料金込み、要予約)
◆申込先:Nasai206@gmail.com 浅井直子
◆当日はピエール・レニエさんがゲスト参加
◆行程
11:00 近鉄大和上市駅集合、吉野川沿いの「妹山・背山遠景地点」まで徒歩(20~30分)、写真撮影
12:00 「立野」バス停から、吉野町コミュニティバスに乗車、「宮滝」下車、吉野川渓流沿い櫻木神社方面散策
13:00 「まつや食堂」お座敷にて昼食  
14:00 吉野離宮跡の「梅谷醸造元」(宮滝しょうゆ)見学
14:45 マイクロバスにて窪垣内へ向かう 
15:15 「福西和紙本舗」工房見学
16:37 吉野町コミュニティバスに乗車   
17:05 大和上市駅到着、解散(その後は、有志で飲み会)

◆案内
【妹山・背山】江戸時代、近松半二らの合作 『妹背山婦女庭訓』(いもせやまおんなていきん)は浄瑠璃や歌舞伎で上演され、吉野川をへだてた妹山と背山を背景にした敵同士の家の男女の悲恋物語は、舞台演出の見事さもあって、今なお人気演目となっています。「妹山」「吉野川」「背山」の3つを一望できる地点を訪れます。

【宮滝】 吉野というと今日では「花の吉野山」を思い浮かべる人がほとんどですが、万葉時代は、「桜」の吉野山は一首も詠まれておらず、大半は吉野川流域の土地に関係し、「山の吉野」よりも「川の吉野」が中心でした。雄略・斉明・天武・持統・文武・元正・聖武にいたるまで、明日香、藤原、平城の都からたびたび天皇が行幸し、中でも持統天皇は在位11年の間に31回も訪れ、吉野に特別な思い入れがあったようです。柿本人麻呂、山部赤人、大伴旅人ら、時の天皇にお供した宮廷歌人たちも、吉野で歌を詠んでいます。その一部を、ルネ・シフェール (René Sieffert) さんの仏訳Man.yôshû とともに、以下に紹介しましょう。

山川も 依りて仕ふる 神ながら たぎつ河内に 舟出せすかも  柿本人麻呂 巻1-39
La Souveraine divine
que viennent servir ainsi
les monts et rivière
dans le val aux eaux rapides
elle fait sortir sa barque
(Kakinomoto no Hitomaro)

み吉野の 象山のまの 木末には ここだも騒く 鳥の声かも   山部赤人 巻6-924
De Yoshino
au val de Kisayama
dans la ramure
ah le chant des mille oiseaux
qui mènent si grand tapage
(Yamabé no Akahito)

昔見し 象の小川を 今見れば いよよ清けく なりにけるかも  大伴旅人 巻3-316
Jadis j’avais vu
le ruisseau de Kisa
or à cette heure
je le vois plus que jamais
pur et limpide devenu
(Ôtomo no Tabito)

 万葉から1250有余年の後、谷崎潤一郎は小説『吉野葛』(1931) で宮滝の岩の上に腰をおろして語り合う二人の青年を通じて、私達読者に母恋の身上話を聞かせてくれます。万葉の歌人から昭和の作家に至るまで、人は山深い吉野の渓流のほとりに来ると、何かしら心の奥底にある情動が呼び覚まされるのでしょうか? 現地を訪ねて、歌や小説の言葉の背後に流れる吉野川のせせらぎが聴きとれるようになれば、心はすでに「よき人のよしとよく見てよしと言ひし」吉野の「よき人」! 当日は『万葉集』や『吉野葛』のフランス語テクスト抜粋その他の参考資料を用意します。

【吉野の手漉き和紙】 la papier fait-main de Yoshino 
「吉野手漉き和紙は、大海人皇子が養蚕と共に和紙の製法を吉野の人々に教えたのが始まりと言われ、その伝統と技術は1300年以上吉野の地で守られてきました。吉野では明治初期ごろには約200軒が手漉き和紙を作っていたそうですが、和紙需要の減少により、今では手漉き和紙を作っているのは6軒だけです。」
« La légende veut que le washi ait été introduit dans la région de Nara avec la sériciculture par le prince Ômano, futur empereur Tenmmu, il y a plus de 1300 ans, et que ces deux traditions aient été depuis lors protégées à Yoshino. Au début de l’ère Méiji (vers 1860-70), il y avait près de 200 papetiers à Yoshino, mais la baisse de la demande de washi a réduit ce nombre à 6. » (奈良県知事公室国際課発行「奈の良」第7号、フランス語版「Na no Ra」No7より抜粋、フランス語訳は奈良県国際交流員ジャンヌ・オストリーさんによるものです)

※ 10月に工房見学を予定している福西和紙本舗の手漉き和紙は、文化財の修復紙としてその品質が高い評価を受けており、ボストン美術館、大英博物館、フランスのルーブル美術館やギメ美術館の方々も見学に来られるそうです。

「大神神社散策」と「利き酒体験」 (2017年)

◆「勉強会」
✤講師:Pierre Régnier さん
✤日時:2017年9月16日(土)14:30~16:30  
✤会場:奈良市西部公民館5階第4講座室
✤参加費:会員1000円、一般1500円(当日資料代含む)
✤内容:参加者は各自フランスの好きな所やフランス語を勉強している理由等を、簡単なフランス語で話す練習をします。勉強会後、レニエ先生が添削してくださいます。

◆「大神神社散策」と「利き酒体験」
✤講師:Pierre Régnier さん
✤日時:2017年10月14日(土)JR 三輪駅(桜井線)に14:00集合、同駅17:00解散。その後、有志にて飲み会。
✤参加費:会員1000円、一般1500円(今西酒造での利き酒体験料含む)
✤申込先:Nasai206@gmail.com (浅井)

ガイドクラブで當麻寺へ (2016年)

今年度は、奈良県葛城市の「當麻寺」について、フランス語で紹介できるようになることが目標です。9月24日(土)に勉強会、10月15日(土)に當麻寺散策を予定しています。両日とも昨年同様ピエール・レニエさんを講師に迎えます。

◇9月24日(土)勉強会開催(14:30~16:30)
場所:奈良市西部公民館 第3講座室(近鉄学園前駅南改札口すぐ)
参加費:会員1000円 一般1500円(当日資料代含む、要予約)
申込先:Nasai206@gmail.com tel&fax 0743-74-0371(浅井)

「當麻曼荼羅」「中将姫伝説」等についてのフランス語による説明を学習し、さらには、参加者が各自の住む町や訪問先の紹介をする実践的な会話練習もできればと思います。

◇10月15日(土)當麻寺散策(14:00~17:00)
当日、近鉄南大阪線当麻寺駅に集合し、現地で解散。
見学:當麻寺曼荼羅堂・金堂・講堂、當麻寺中之坊(解散後有志で飲み会)
参加費:会員1500円 一般2000円(拝観料含む、要予約)
申込先:Nasai206@gmail.com tel&fax 0743-74-0371(浅井)

今秋「ガイドクラブ復活」のお知らせ

奈良は、『万葉集』あるいはもっとそれ以前の時代から現在に至るまで、大和や日本の内外から、様々な旅人を迎えて来た土地です。日本とフランスの文化交流活動に携わっている私たち奈良日仏協会では、かつて会員有志が「ガイドクラブ」を作り、奈良を訪れるフランス人にフランス語でガイドをするという活動をしていました。ここ数年中断されていましたが、この秋、会員のフランス人の友人を浄瑠璃寺に案内することになり、久しぶりに再開します。浄瑠璃寺は実際には「大和」ではなく「山城」に位置していますが、近鉄奈良駅からバスで25分くらいの所にあり、奈良観光と合わせて訪れることの多いお寺です。

◇9月19日(土)勉強会開催  (14:30~16:30)
奈良在住のピエール・レニエさんを講師にお迎えして、浄瑠璃寺のことをフランス語ではどのように紹介すればいいのか、一般的なことを習います。さらに、かつてこの寺に訪れた二人の旅人の文章を紹介し、彼らがここで何をどのように感じたのか考えてみます。ひとつは哲学者・和辻哲郎(1889-1960) の『古寺巡礼』(大正8年初版、昭和21年改版、浄瑠璃寺を訪れた時のことを記した部分とその仏訳)、もう一つは作家・堀辰雄(1904-1953) の『浄瑠璃寺の春』(昭和18年『大和寺・信濃路』所収、日本語のみ)です。以下に和辻の一節を紹介します。

「この心持ちは一体何であろうか。浅い山ではあるが、とにかく山の上に、下界と切り離されたようになって、一つの長閑な村がある。そこに自然と抱き合って、優しい小さな塔とお堂とがある。心を潤すような愛らしさが、すべての物の上に一面に漂っている。それは近代人の心にはあまりに淡きに過ぎ平凡に過ぎる光景ではあるが、しかしわれわれの心が和らぎと休息とを求めている時には、秘めやかな魅力をもってわれわれの心の底のある者を動かすのである。」
Quel sentiment était-ce donc? Certes, c’était une montagne peu profonde, mais tout de même, sur cette montagne, il y avait un village calme, comme s’il était détaché de ce bas monde. Et là, il y a cette élégante petite pagode et le pavillon du temple enlacés avec la nature. Au-dessus de tout cela, plane un charme adorable qui pourrait enrichir le cœur. C’est un paysage trop léger et trop banal pour le cœur de l’homme moderne, mais lorsque notre cœur a besoin d’harmonie et de repos, son charme discret fait vibrer quelque chose au fond de notre cœur.

 
外国人であれ日本人であれ、誰かにある場所のことを紹介する時、かつて訪れた人のことを知ると、自分自身の経験も深められるような気がします。10月10日の散策には参加できずとも勉強会のみの参加も歓迎です。
○参加費:会員500円 一般800円(当日配布資料代含む)
○場所:生駒市芸術会館美楽来・セミナー室1
○申込先:Nasai206@gmail.com (9月1日以降)tel&fax 0743-74-0371

 

◇10月10日(土)浄瑠璃寺散策 (12:45集合~16:15解散、その後、参加者有志で飲み会)
浄瑠璃寺は、平安時代に末法思想が流行った時に多数建立された九体阿弥陀堂が唯一残る貴重な寺院です。境内は、東には東方浄土の薬師如来を安置する三重塔(国宝)、西には西方浄土の阿弥陀如来を安置する本堂(国宝)が、中心には池があり、この形が「浄土式庭園」を形作り、仏教の中の極楽浄土の世界を表しているとされています。当日は、講師のピエール・レニエさんと客人のフランス人とともに、近鉄奈良駅で待ち合わせて、路線バスで浄瑠璃寺に向います。この日のみの参加可能。
○参加費:会員1500円 一般2000円(定員12名、要予約、バス代・拝観料込み)
○申込先:Nasai206@gmail.com  (9月1日以降) tel&fax 0743-74-0371