シネクラブ

『パリの灯は遠く』 Monsieur Klein

お知らせ
10月22日(日)に開催予定でした「第45回奈良日仏協会シネクラブ例会」は、
11月26日(日)に変更になりました。皆さまの参加をお待ちしております。

「第45回 奈良日仏協会シネクラブ例会」の案内
45ème séance du ciné-club de l’Association Franco-Japonaise de Nara

◇日時    2017年11月26 日(日) 13:30~17:00
◇会場    奈良市西部公民館5階第4講座室
◇プログラム 『パリの灯は遠く』(Monsieur Klein, 1976年, 122分)
◇参加 費 奈良日仏協会会員・学生:無料  一般:300円
◇飲み会 例会終了後「味楽座」にて
◇例会・飲み会とも予約不要
◇問 い合わせ 浅井直子 Nasai206@gmail.com

(スタッフ)

監督 ジョセフ・ロージー Joseph Losey

脚本 フランコ・ソリナス Franco Solinas

   フェルナンド・モランディ Fernando Morandi

撮影 ジェリー・フィッシャー Gerry Fisher

音楽 エジスト・マッキ Egisto Macchi

   ピエール・ポルト Pierre Porte

(キャスト)

ロベール・クライン     アラン・ドロン Alain Delon

フロランス             ジャンヌ・モロー Jeanne Moreau

管理人                 シュザンヌ・フロン Suzanne Flon

ジャンニー             ジュリエット・ベルト Juliet Bert

ピエール               ミシェル・ロンズデール Michael Lonsdale

ニコル(ピエールの妻) フランシーヌ・ベルジェ Francine Berge

(ストーリー)

1942年1月、パリはドイツの占領下にあり、対独協力のヴィシー政府はユダヤ人排除の法律をつぎつぎと成立させていました。映画の冒頭、医師による非人道的な人種選別の場面に私たちは衝撃を受けます。多くのユダヤ人は国外へ逃れようとしていました。主人公のフランス人美術商ロベール・クライン(アラン・ドロン)は、贅沢で放縦な生活をしています。それというのも彼のもとへは、ユダヤ人たちが所蔵する美術品を換金するためつぎつぎと訪れ、彼は客の足元を見て安値で買い取り儲けているからです。

ある日彼は玄関に不審な刊行物が置かれているのを見つけます。それは購読を申し込んだ覚えのない「ユダヤ通信」という刊行物で、宛先は確かに彼でした。不安に襲われ調べてゆくと、彼と同姓同名のユダヤ人がいて、彼を身代わりにして自分は姿を消し、危難を免れようとしていることが分かってきます。彼の家には早くも刑事がやってきました。街にはユダヤ人の一斉検挙が近い動きが見られます。一刻も早く同名のユダヤ人を見つけて、自分の安全とアイデンティティを守らねばなりません。彼の必死の奔走が始まります…。

(ジョセフ・ロージー監督とこの作品について)

ジョセフ・ロージーはアメリカ・ウィスコンシン州生まれで、1943年にMGMと監督の契約を結びますが戦争のため中断、48年、はじめての長編で、反戦を訴えた『緑色の髪の少年』を発表しました。その後いくつかの作品を発表しますが、彼の左翼思想に対する非米活動委員会の追及を免れるため、51年イギリスに亡命しました。イギリスでも当初は本名での活動はできず、四つの偽名を使って作品を発表しています。57年から再び本名で作品を発表しましたが、この頃から彼の評価が、特にフランス、ヌーヴェルヴァーグの人たちの間で高まり、フランスで撮った「エヴァの匂い」(62)や、イギリスで撮ったハロルド・ピンター脚本の「召使」(63)で彼の評価が確立しました。その後拠点をフランスに移し、スターを用いた大作を発表してゆきます。アラン・ドロン主演の「暗殺者のメロディー」(72)がその第一作で、1940年のトロツキー暗殺事件を描いています。この「パリの灯は遠く」(76) はドロン主演第二作で、ドロンのキャラクターの一面をよく捉えています。理由が分からずに逮捕される銀行支配人フランツ・Kを描いたカフカの小説[『審判』(1915) を思わせるものがあり(主人公の頭文字が同じなのは偶然?)、ロージー監督の特色である不条理と暴力そしてサスペンスに溢れた、反ファシズム映画の傑作であると思います。

『夢を見ましょう』 Faisons un rêve

第44回 奈良日仏協会シネクラブ例会

44ème séance du ciné-club de l’Association Franco-Japonaise de Nara

★日時:2017年7月23日(日)13:30~17:00

★会場:奈良市西部公民館5階第4講座室

★プログラム:『夢を見ましょう』(1936年, 80 分)

★監督:サッシャ・ギトリ

★参加費:会員無料、一般300円

★飲み会:例会終了後「味楽座」にて ※例会・飲み会とも予約不要

★問合わせ:Nasai206@gmail.com  tel. 090-8538-2300

 

◆Date & horaire : le dimanche 25 juin 2017, de 13h30 à 17h00.

◆Lieu : Nara Seibu Kominkan, 5-kai (4ème étage) salle 4

(juste à côté de la gare Kintetsu Gakuenmae)

◆Programme : Faisons un rêve, 1936, 80 min.

◆Réalisateur : Sacha Guitry

◆Participation : gratuit pour membres et étudiants, 300 yens pour non-membres

◆Réunion amicale : au restaurant Miraku-za

◆Renseignements : Nasai206@gmail.com  tel. 090-8538-2300

サッシャ・ギトリは1936年、彼の若き妻ジャクリーヌ・ドリュバックの影響下、それまで信用していなかった映画に自分の場を見出した。やがて演劇と同様映画においても多くの作品を産み出すことになる。成功をおさめた作品4本『新たな遺言』『とらんぷ譚』『私の父は正しかった』『夢を見ましょう』は、すべて彼の戯曲からの翻案である。『夢を見ましょう』は、1916年に書かれた劇を移し替えた作品。『とらんぷ譚』が、ギトリにとって映画の手法のあらゆる語りや視覚の可能性をきわめる喜びを示した作品であるとするなら、『夢を見ましょう』はより演劇らしい演劇の影響に回帰している。基本的には、妻・愛人・夫の典型的な愛の三角関係の風俗喜劇で、映画は動きの少ない演出における言葉の達人ギトリの腕の見せ所となる。

(アルレッティ、ミッシェル・シモンの)有名人をキャストにした社交場のプロローグを経て、物語は夫婦のだまし合いの会話に集約される。まずは夫(レミュ)と妻(ドリュバック)の夫婦の会話のやりとりがある。夫婦は友人の弁護士(ギトリ)を訪ねてくるが彼は不在、そこでの夫婦の反応と会話は二重の意味を含み、夫と妻それぞれ目前に迫る、ないしは起こり得る浮気を、絶妙の言葉の応酬で観客に推測させる。レミュの陽気なあけすけさ、それに対するドリュバックの気の効いた揶揄は、効果抜群である。

カップルの関係はすべて支配の問題となり、より気まぐれな方が優位に立つ。思いのままに恋情に身をゆだねるときだけ、彼らの協力関係が発揮される。愛し合う者たちが、いっしょに迎えた朝の目覚めを邪魔され、最終的に官能的逸楽の熱い約束を賭けて再び勝負に出た時、潜んでいたイロニーは消えてロマンチックな空想となる。しまいには、映画全体にみなぎる活力、機知、魅惑は、観客をすっかりとりこにしてしまう。

(ピエール・シルヴェストリ)

En cette année 1936 et sous l’influence de sa jeune épouse Jacqueline Delubac, Sacha Guitry trouve enfin ses marques dans le cinéma pour lequel il se sera montré si méfiant auparavant. Il s’avérera aussi prolifique qu’au théâtre en signant quatre films comptant parmi ses plus grandes réussites, tous adaptés de ses pièces : Le Nouveau Testament, Le Roman d’un tricheur, Mon père avait raison et Faisons un rêve. Ce dernier transpose justement une pièce écrite en 1916. Si notamment Le Roman d’un tricheur avait témoigné pour Guitry d’une certaine jubilation à exploiter toutes les possibilités narratives et visuelles de l’outil cinématographique, Faisons un rêve revient à une influence plus typiquement théâtrale. Sur le papier on a un triangle amoureux de boulevard femme/amant/mari assez typique et le film est une célébration du verbe virtuose de Guitry à la mise en scène assez statique. Le plaisir est donc ailleurs dans cette réussite.

Passé un prologue mondain où l’on croisera du beau monde au casting (Arletty, Michel Simon…), le récit se resserre pour un brillant jeu de dupe sur le couple. Ce sera d’abord celui du couple légitime du mari (Raimu) et de la femme (Jacqueline Delubac). Venu rendre visite à leur ami avocat (Sacha Guitry) absent, l’époux et sa femme par leurs réactions et dialogues à double-sens laissent deviner leurs infidélités imminentes ou possibles dans un brillant échange. La bonhomie et la truculence de Raimu font merveille face à l’élégante malice de Jacqueline Delubac.

Toutes les relations de couple seront affaire de domination où le plus fantasque prendra l’avantage. L’harmonie des couples ne peut fonctionner que quand le danger est écarté et qu’ils peuvent s’adonner librement à leurs passions. D’un coup l’ironie latente se dissipe pour la fantaisie romantique quand les amants rejouent leur premier réveil commun manqué et le final endiablé promesse de volupté. L’énergie, l’esprit et le charme de l’ensemble finissent par séduire totalement le spectateur.

(Pierre Silvestri)

 

 

『とらんぷ譚』 Le Roman d’un Tricheur

第43回 奈良日仏協会シネクラブ例会(2/26)案内
43ème séance du ciné-club de l’Association Franco-Japonaise de Nara

★日時:2017年2月26日(日)13:30~17:00
★会場:奈良市西部公民館5階第4講座室
★プログラム:サッシャ・ギトリ『とらんぷ譚』(Le Roman d’un Tricheur, 1936年, 78 分)
★参加費:会員無料、一般300円
★飲み会:例会終了後「味楽座」にて ※例会・飲み会とも予約不要
★問合わせ:tel. 090-8538-2300 Nasai206@gmail.com

◆Date & horaire : le dimanche 26 février 2017, de 13h30 à 17h00.
◆Lieu : Nara Seibu Kominkan, 5-kai (4ème étage) salle 4
(juste à côté de la gare Kintetsu Gakuenmae)
◆Programme : Le Romain d’un Tricheur, 1936, 78 min.
◆Réalisateur : Sacha Guitry
◆Participation : gratuit pour membres et étudiants, 300 yens pour non-membres
◆Réunion amicale : au restaurant Miraku-za
◆Renseignements : Naoko ASAI Nasai206@gmail.com tel. 090-8538-2300

『とらんぷ譚(あるペテン師の物語)』は、始まるとすぐ制作当時には考えられないような斬新さで、カメラの前に映画技師やスタッフたち全員を紹介するという型破りなことをして、映画のフィクション性を自ら明らかにする。続いてこの映画作家は、全知の語りのナレーションを用いて、1934年に刊行された自分の唯一の小説から引きだした華麗なる台詞を、無声の映像に独白する形で朗読する。会話部分のほとんどすべては俳優たちではなく、サッシャ・ギトリなる人物の流れるがごとき弁舌で朗読される。美学上の約束事からは外れるかもしれないが完全に革新的である。

だからと言って観客は少しも退屈することはない。すばらしい台詞と辛辣な皮肉を聞くからだ。ブルジョワ的モラルを手玉にとりながら、作家は巧妙なやり方で善悪の境界をあいまいにするのを楽しんでいる。賭博や金儲けへの情熱、結婚外の多様な男女関係―結婚はただ実利的なものと考えられている―、さらには同性愛(目立たないようにではあるが)といった、当時のデリケートなテーマに取り組んでいる。ギトリは、言葉を武器として喜劇力を存分に発揮し、当意即妙に道徳を踏みにじる口調で、観客を何度も噴き出させる。

(ピエール・シルヴェストリ)

D’une incroyable modernité pour l’époque, Le Roman d’un tricheur affiche dès le départ sa singularité en présentant devant la caméra tous les techniciens et collaborateurs du film, affirmant ainsi le caractère volontairement fictionnel du métrage. Ensuite, l’auteur se sert d’une voix off omniprésente pour déclamer un texte brillant issu de son unique roman paru en 1934. Ainsi, la quasi-totalité des dialogues n’est pas déclamée par les acteurs eux-mêmes mais par un Sacha Guitry très en verve, soliloquant sur des images muettes. Le postulat esthétique est pour le moins déstabilisant et totalement novateur.

Pour autant, le spectateur ne s’ennuie pas une seule seconde à l’écoute d’un texte magnifique et d’une ironie cinglante. Se jouant de la morale bourgeoise, l’auteur se plaît à brouiller les pistes et à rendre floues les frontières entre le bien et le mal. Tout en douceur, il aborde des thèmes délicats pour l’époque comme celui de la fièvre du jeu et de l’argent, des liaisons multiples hors du mariage – ce dernier étant conçu comme seulement utilitaire – et même de l’homosexualité (discrètement sous-entendue). Se servant des mots comme d’une arme, Guitry déploie toute sa force comique et nous fait rire aux éclats de nombreuses fois grâce à un ton cynique bienvenu.

(Pierre Silvestri)

 

『風にそよぐ草』 Les Herbes folles

第42回 奈良日仏協会シネクラブ例会(10/23)案内
42ème séance du ciné-club de l’Association Franco-Japonaise de Nara

★日時:2016年10月23日(日)13:30~17:00
★会場:奈良市西部公民館5階第4講座室
★プログラム:アラン・レネ『風にそよぐ草』(Les Herbes folles, 2009年, 104 分)
★参加費:会員無料、一般300円
★飲み会:例会終了後「味楽座」にて ※例会・飲み会とも予約不要
★問合わせ:tel. 090-8538-2300 Nasai206@gmail.com

◆Date & horaire : le dimanche 23 octobre 2016, de 13h30 à 17h00.
◆Lieu : Nara Seibu Kominkan, 5-kai (4ème étage) salle 4
(juste à côté de la gare Kintetsu Gakuenmae)
◆Programme : Les Herbes folles, 2009, 104 min.
◆Réalisateur : Alain Resnais
◆Participation : gratuit pour membres et étudiants, 300 yens pour non-membres
◆Réunion amicale : au restaurant Miraku-za
◆Renseignements : Naoko ASAI Nasai206@gmail.com tel. 090-8538-2300

87歳のアラン・レネはこれまでになく自分の感情を投入して、人の気持ちの変わりやすさについての何ともいえず魅力的な物語を作ったが、これは彼の最も斬新な映画となった。

「痛いじゃないですか!」とは、痛みを伝えると同時に非難の叫びだが、歯科医のマルグリット・ミュイールはこれを一日中耳にしている。映画の中の短いが面白いシークエンスのひとつである。この言葉が何度も繰り返され、そこに歯を抜く器具の拷問を止めてほしいと訴える患者の手の仕草が加わる。彼らは実際痛いのでありそのうめき声は正当なもの。それでもマルグリットは彼らの虫歯を探し、ただ彼らによかれと思って仕事をする。そしてこの不満の声が彼女を苦しめる。『風にそよぐ草』では、人生はあたかも歯科医の診察室のようだ。

不可避的に人が人を痛い目にあわせるのは、その人のためにと専心する時。悪意などまったくない。アラン・レネの小さな共同社会の中に敵意はない。にもかかわらず、人々は大いに苦しむ。警察官たちでさえも人を気遣って理解を示す善良な人々だ。それでもなお、誰もが人を悲しませ怒らせ辱める。「痛いじゃないですか!」この映画の隠れた合言葉かもしれない。              (ピエール・シルヴェストリ)

A 87 ans, Alain Resnais, plus empathique que jamais, compose un conte irrésistible sur la versatilité des sentiments pour l’un de ses films les plus audacieux.

« Vous me faites mal ! ». C’est le cri de détresse, mais aussi de reproche, qu’entend toute la journée Marguerite Muir, dentiste de son état. C’est une courte séquence amusante des Herbes folles : la répétition obsédante de cette petite phrase, ponctuée du même geste de la main des patients pour que s’arrête le supplice de la roulette. Ces gens souffrent et leur plainte est légitime. Pourtant Marguerite Muir, fouillant leurs caries, ne travaille qu’à leur bien, et toute cette grogne l’afflige. La vie, dans Les Herbes folles, est comme le cabinet d’un dentiste.

C’est en s’employant à faire le bien des gens qu’immanquablement on les blesse. La malveillance n’est nulle part. Pas de méchanceté dans la petite communauté humaine, pourtant bien souffrante, d’Alain Resnais. Même les policiers sont des braves types délicats et bien compréhensifs. Et malgré tout, tout le monde fait de la peine, contrarie, humilie. « Vous me faites mal ! » pourrait être le mot de passe secret du film.
(Pierre Silvestri)

『二十四時間の情事』 Hiroshima mon amour

第41回 奈良日仏協会シネクラブ例会(6/26)案内

41ème séance du ciné-club de l’Association Franco-Japonaise de Nara

★日時:2016年6月26日(日)13:30~17:00
★会場:奈良市西部公民館5階第4講座室
★プログラム:アラン・レネ監督『二十四時間の情事』(1959年, 90分)
★参加費:会員無料、一般300円
★飲み会:例会終了後「味楽座」にて ※例会・飲み会とも予約不要
★問合わせ:tel. 090-8538-2300 Nasai206@gmail.com

 

◆Date & horaire : le dimanche 26 juin 2016, de 13h30 à 17h00.
◆Lieu : Nara Seibu Kominkan, 5-kai (4ème étage) salle 4
(juste à côté de la gare Kintetsu Gakuenmae)
◆Programme : Hiroshima mon amour, 1959, 90 min.
◆Réalisateur : Alain Resnais
◆Participation : gratuit pour membres et étudiants, 300 yens pour non-membres
◆Réunion amicale : au restaurant Miraku-za
◆Renseignements : Naoko ASAI  Nasai206@gmail.com  tel. 090-8538-2300

いかにしたら、1945年8月6日の残酷な現実に、幻想と情熱的発見の考えを結びつけられるのか? はじめにあらゆる序列の形態-階級、人種、とりわけ苦しみの形態-をとり壊しながら。二人の人物が日本の街で出会う。男は広島に住み「エノラ・ゲイ」がその破壊力を示した時20歳だった。女はその爆撃の時、フランスのヌヴェールで別の侮辱に耐えていた。4年間、糾弾と威嚇のなかで暮らしてきた人々の復讐への渇望を満たすため、きわめて暴力的に、処罰され丸刈りにされた女たちへの侮辱である。男と女は互いに惹かれあい、彼らの苦しみと体はつながりあう。

映画は、ロブ=グリエの小説のように、患者に対する治療のように始まり、実写映像から男女の抱擁への大胆なモンタージュ、レネが愛着を抱く(ここでは病院の)廊下の映像へと移行する。この監督にとって廊下は、無意識や記憶へと通じるたくさんの半開きの扉を表わし、その記憶は、視覚的な閃光や往々にして奇妙な呪文のような発話、そしてとりわけとらえどころのないエマニュエル・リヴァと岡田英次(フランス語がわからないまま台詞を音声として発音する)の顔と身体によって再生される。この閃光は伝統的な語りを壊し、いっそう漠然として不透明な精神の語りを再創造する。超自然的幻視の観点が、音声―音楽は一瞬にして変化する―と反復を通じて、徐々にあらわになる。

(ピエール・シルヴェストリ)

Comment mêler à la réalité des atrocités du 6 août 1945 l’idée du fantasme, de la découverte passionnelle ? En mettant à bas, en premier lieu, toute forme de hiérarchie, celle des classes, celle des races, mais aussi et surtout celle des souffrances.

Deux personnages se croisent dans les rues de la ville japonaise : lui a vécu à Hiroshima même, avait vingt ans lorsqu’Enola Gay fit son œuvre ; elle était à Nevers lors du bombardement, et subissait d’autres outrages, tout aussi violents, ceux des femmes que l’on a punies, tondues, pour étancher la soif de vengeance d’un peuple qui ne vivait depuis quatre ans que d’accusations et de menaces. Ils se plaisent, leurs douleurs et leurs corps s’accouplent.

Le film commence comme un roman de Robbe-Grillet, très cliniquement, passant sans vergogne des images d’archives aux montages des enlacements, et aux couloirs (d’hôpitaux ici) que Resnais affectionne tant. Car un couloir, pour le réalisateur, représente une multitude de portes entrouvertes vers l’inconscient, la mémoire, reproduite par des fulgurances visuelles, une diction parfois étrange, incantatoire et surtout les visages et les corps fuyants d’Emmanuelle Riva et d’Eiji Okada (qui prononce son texte phonétiquement, ne connaissant pas le français).

La fulgurance détruit la narration classique pour recréer celle de l’esprit, plus diffuse, plus opaque. L’idée de l’apparition se développe progressivement, au fil des sons -la musique change parfois du tout au tout en une seconde-, et des répétitions.

(Pierre Silvestri)

『愛して飲んで歌って』 Aimer, Boire et Chanter

第40回 奈良日仏協会シネクラブ例会(2/28)案内
40ème séance du ciné-club de l’Association Franco-Japonaise de Nara

★日時:2016年2月28日(日)13:30~17:00
★会場:奈良市西部公民館5階第4講座室
★プログラム:アラン・レネ監督『愛して飲んで歌って』(2014年, 108分)
★参加費:会員無料、一般300円
★飲み会:例会終了後「味楽座」にて ※例会・飲み会とも予約不要
★問合わせ:tel. 090-8538-2300 Nasai206@gmail.com

◆Date & horaire : le dimanche 28 février 2016, de 13h30 à 17h00.
◆Lieu : Nara Seibu Kominkan, 5-kai (4ème étage) salle 4
(juste à côté de la gare Kintetsu Gakuenmae)
◆Programme : Aimer, boire et chanter, 2014, 108 min.
◆Réalisateur : Alain Resnais
◆Participation : gratuit pour membres et étudiants, 300 yens pour non-membres
◆Réunion amicale : au restaurant Miraku-za
◆Renseignements : Naoko ASAI Nasai206@gmail.com tel. 090-8538-2300

日本では昨年2月に公開されたばかりのアラン・レネの遺作。原作は前回とりあげた『六つの心』(Cœurs, 2006)と同じイギリス人劇作家アラン・エイクボーンの戯曲で、Life of Riley「お気楽な生活」です。イギリス・ヨークシャー地方を舞台にして、フランス的エスプリのきいた会話の応酬がくりひろげられます。文学・演劇・漫画・ファッションなど様々なジャンルが混ざり合いながら、レネ独特のおかしみが醸し出される、色彩豊かな映画です。

 
3組の夫婦が登場し、彼らは友人のジョルジュが末期ガンで余命半年と知り、各人が自分こそ彼の残り少ない彼の人生をよいものにできると自負し右往左往。当のジョルジュは最初から最後まで姿を見せぬまま、登場人物たちの心理を左右し彼らの隠されていた事実が露わになります。演劇と人生が交錯しつつ展開する夢幻的ドラマです。

『六つの心』 Cœurs

第39回 奈良日仏協会シネクラブ例会案内
39ème séance du ciné-club de l’Association Franco-Japonaise de Nara

★日時:2015年10月25日(日)13:30~17:00
★会場:奈良市西部公民館5階第4講座室
★プログラム:アラン・レネ監督『六つの心』(2006年, 126分)
★参加費:会員無料、一般300円
★飲み会:例会終了後「味楽座」にて ※例会・飲み会とも予約不要
★問合わせ:tel. 0743-74-0371 Nasai206@gmail.com

◆Date & horaire : le dimanche 25 octobre 2015, de 13h30 à 17h00.
◆Lieu : Nara Seibu Kominkan, 5-kai (4ème étage) salle 4
(juste à côté de la gare Kintetsu Gakuenmae)
◆Programme : Cœurs, 2006, 126 min.
◆Réalisateur : Alain Resnais
◆Participation : gratuit pour membres et étudiants, 300 yens pour non-membres
◆Réunion amicale : au restaurant Miraku-za
◆Renseignements : Naoko ASAI Nasai206@gmail.com tel. 0743-74-0371

今秋からアラン・レネ特集をお送りします。当シネクラブでは2009年12月から2010年6月にかけて、レネの作品を3本(『メロ』『恋するシャンソン』『アメリカの伯父さん』)紹介しており、今回は2度目のレネ特集となります。レネは昨年2014年3月1日に91歳で亡くなりましたが、最後まで新しい作品を作り続け、映画監督としての生涯をまっとうしました。『六つの心』は83歳の時の作品で、サビーヌ・アゼマ、アンドレ・デュソリエといったレネとともに年を重ねて円熟味を増す常連俳優たちが、落ちつきのある味わい深い演技をみせてくれます。原作はレネお気にいりのイギリスの劇作家アラン・エイクボーンの「Private Fears in Public Places」。舞台をロンドンからパリに移しかえて、都会に生きる男女6人の日常の生活と内なる孤独をさりげなく浮き彫りにした、とても粋な作品です。

この映画のフランス語原題の直訳は『心』ですが、邦題には「六つの」が加えられています。パリに暮らす6人の登場人物が出会ったりすれ違ったりしながら、内なる「心」のドラマが描かれているからでしょうか。それぞれの流儀で仕事やプライベートを大切にしながら、彼らが孤独と自由を享受して生きる生活空間、室内のインテリアや冬のパリの雪景色の映像も見ごたえがあります。

『六つの心』 Cœurs

第39回 奈良日仏協会シネクラブ例会案内
39ème séance du ciné-club de l’Association Franco-Japonaise de Nara

★日時:2015年10月25日(日)13:30~17:00
★会場:奈良市西部公民館5階第4講座室
★プログラム:アラン・レネ監督『六つの心』(2006年, 126分)
★参加費:会員無料、一般300円
★飲み会:例会終了後「味楽座」にて ※例会・飲み会とも予約不要
★問合わせ:tel. 0743-74-0371 Nasai206@gmail.com

◆Date & horaire : le dimanche 25 octobre 2015, de 13h30 à 17h00.
◆Lieu : Nara Seibu Kominkan, 5-kai (4ème étage) salle 4
(juste à côté de la gare Kintetsu Gakuenmae)
◆Programme : Cœurs, 2006, 126 min.
◆Réalisateur : Alain Resnais
◆Participation : gratuit pour membres et étudiants, 300 yens pour non-membres
◆Réunion amicale : au restaurant Miraku-za
◆Renseignements : Naoko ASAI Nasai206@gmail.com tel. 0743-74-0371

今秋からアラン・レネ特集をお送りします。当シネクラブでは2009年12月から2010年6月にかけて、レネの作品を3本(『メロ』『恋するシャンソン』『アメリカの伯父さん』)紹介しており、今回は2度目のレネ特集となります。レネは昨年2014年3月1日に91歳で亡くなりましたが、最後まで新しい作品を作り続け、映画監督としての生涯をまっとうしました。『六つの心』は83歳の時の作品で、サビーヌ・アゼマ、アンドレ・デュソリエといったレネとともに年を重ねて円熟味を増す常連俳優たちが、落ちつきのある味わい深い演技をみせてくれます。原作はレネお気にいりのイギリスの劇作家アラン・エイクボーンの「Private Fears in Public Places」。舞台をロンドンからパリに移しかえて、都会に生きる男女6人の日常の生活と内なる孤独をさりげなく浮き彫りにした、とても粋な作品です。

この映画のフランス語原題の直訳は『心』ですが、邦題には「六つの」が加えられています。パリに暮らす6人の登場人物が出会ったりすれ違ったりしながら、内なる「心」のドラマが描かれているからでしょうか。それぞれの流儀で仕事やプライベートを大切にしながら、彼らが孤独と自由を享受して生きる生活空間、室内のインテリアや冬のパリの雪景色の映像も見ごたえがあります。

『緑色の部屋』 La Chambre verte

第38回 奈良日仏協会シネクラブ例会案内
38ème séance du ciné-club de l’Association Franco-Japonaise de Nara

★日時:2015年6月28日(日)13:30~17:00
★会場:奈良市西部公民館5階第4講座室
★プログラム:フランソワ・トリュフォー監督『緑色の部屋』(1978 年, 94分)
★参加費:会員無料、一般300円
★飲み会:例会終了後「味楽座」にて ※例会・飲み会とも予約不要
★問合わせ:tel. 0743-74-0371 Nasai206@gmail.com

◆Date & horaire : le dimanche 28 juin 2015, de 13h30 à 17h00.
◆Lieu : Nara Seibu Kominkan, 5-kai (4ème étage) salle 5
(juste à côté de la gare Kintetsu Gakuenmae)
◆Programme : La Chambre verte, 1978, 94 min.
◆Réalisateur : François Truffaut
◆Participation : gratuit pour membres et étudiants, 300 yens pour non-membres
◆Réunion amicale : au restaurant Miraku-za
◆Renseignements : Naoko ASAI Nasai206@gmail.com tel. 0743-74-0371

第1次大戦以来、ジュリアン・ダヴェンヌは亡き妻や友人たちの死者崇拝に生きている。勤め先の新聞社では死亡告知覧を担当、家政婦と聾唖の子どもジョルジュと暮らし彼には話すことを教えている。家には妻の想い出に捧げられた部屋―緑色の部屋―を設置し、妻に属するすべてのものをそこに集めている。ある競売で、死者への崇敬の気持ちを分かちあってくれるセシリアという女性に出会う。

『緑色の部屋』でトリュフォーは、きわめて重く厳粛な映画を作った。『野生の少年』(1970) と同様に、抑制された調子や少し単調な彼の演技は、物語の情動的な強さを極限まで拡大させる。「人は人生において生者よりも死者と親しむ時期がある」と彼はいう。それは当前のことかもしれないが、『緑色の部屋』のシナリオをよく言い表しているように思われる。ヘンリー・ジェイムスの二つの短篇小説と、亡くなった彼の婚約者の想い出への忠誠に関する自伝をおり混ぜている。

この作品は、亡き人を愛し敬い忘却を拒む男と女の関係の進展を描く。社会的・宗教的慣習が思わせていることとは反対に、生者と同じくらい死者に対して、攻撃的で情緒的な関係を持続させることがある。『緑色の部屋』はこのように、死者崇拝の問題を、解答は出さぬまま提起している。ダヴェンヌの人物像は、奇妙な不安を起こさせる要素(悪夢、聾唖の少年、写真の提示)によって、いっそう強調された狂気に達している。フランソワ・トリュフォーは、彼に成功をもたらした軽い調子から脱している。この映画は彼のもっとも優れた作品の一つであるが、残念ながら商業的には失敗となってしまった。  (ピエール・シルヴェストリ)

 
Depuis la fin de la Première Guerre mondiale, Julien Davenne vit dans le culte des morts. Celui de sa femme, disparue onze ans plus tôt, mais aussi celui de ses amis.
Au journal où il travaille, Davenne s’occupe de la chronique nécrologique. Il habite à présent avec une gouvernante et Georges, un enfant sourd-muet à qui il apprend à parler. Dans sa maison, il a aménagé une chambre entièrement consacrée au souvenir de sa femme – la chambre verte – dans laquelle il a rassemblé tous les objets lui ayant appartenu.
Lors d’une vente aux enchères, il rencontre Cécilia, une femme qui partage son respect pour les êtres disparus…

Avec La Chambre verte, Truffaut a certainement réalisé son film le plus grave et le plus austère. Comme dans L’Enfant sauvage (1970), la sobriété du ton et son interprétation un peu monocorde ne font qu’amplifier à l’extrême l’intensité émotionnelle du récit. « Il arrive un moment dans la vie où l’on connaît plus de morts que de vivants », remarque le cinéaste. Cette constatation, simple comme un au revoir, semble avoir dicté le scénario de La Chambre verte qui entremêle deux histoires courtes de Henry James et des notations biographiques sur sa fidélité au souvenir de sa fiancée disparue.

Le film montre l’évolution des relations entre un homme et une femme qui aiment les défunts, les respectent et refusent l’oubli. Contrairement à ce que les habitudes sociales et religieuses font croire, il arrive que l’on entretienne avec certains morts des relations aussi agressives et passionnées qu’avec les vivants. La Chambre verte pose ainsi sans y répondre le problème du culte fait aux disparus. Le personnage de Davenne atteint une folie accentuée encore par des éléments étranges ou inquiétants (le cauchemar, le petit garçon sourd-muet, la projection de photos…). François Truffaut est sorti du ton léger qui a fait son succès. Malheureusement, ce film qui reste l’un de ses plus beaux, fut un échec commercial.  (Pierre Silvestri)

『大人は判ってくれない』 Les Quatre cents coups

第37回 奈良日仏協会シネクラブ例会案内
37ème séance du ciné-club de l’Association Franco-Japonaise de Nara

★日時:2015年4月26日(日)13:30~17:00
★会場:奈良市西部公民館4階第2会議室
★プログラム:フランソワ・トリュフォー監督『大人は判ってくれない』(1959 年, 99分)
★参加費:会員無料、一般300円
★飲み会:例会終了後「味楽座」にて ※例会・飲み会とも予約不要
★問合わせ:tel. 0743-74-0371 Nasai206@gmail.com

◆Date & horaire : le dimanche 26 avril 2015, de 13h30 à 17h00.
◆Lieu : Nara Seibu Kominkan, 4-kai (3ème étage) salle 2
(juste à côté de la gare Kintetsu Gakuenmae)
◆Programme : Les Quatre cents coups, 1959, 99 min.
◆Réalisateur : François Truffaut
◆Participation : gratuit pour membres et étudiants, 300 yens pour non-membres
◆Réunion amicale : au restaurant Miraku-za
◆Renseignements : Naoko ASAI Nasai206@gmail.com tel. 0743-74-0371

4月26日(日)の例会でとりあげる「大人は判ってくれない」は、フランス映画・ヌーヴェルヴァーグの代表的作品といった枠組みを超えて、世界中の映画ファンから愛され、多くの映画監督に影響を与えた映画史に残る名作です。

主人公の12歳の少年アントワーヌ・ドワネルは、親との折り合いが悪く、非行を繰り返し、家出し、あげくの果てには少年鑑別所に送られてしまいます。トリュフォー監督自身の自伝的要素がふんだんに盛り込まれ、ドワネル少年はトリュフォーの分身的な存在であることは、自他ともに認められているところです。

当時13歳で少年の役を演じた俳優ジャン=ピエール・レオーは、昨秋70歳で初来日し、同志社大学で舞台あいさつに立ちました。2011年秋~2012年春にかけて、当シネクラブで「子供」をテーマにしたフランス映画の特集を組んだとき、あえてこの作品をプログラムからはずしたのは、「子供」の主題にはおさまりきらない射程の深さと広がりをもつ作品であるために、別の紹介の機会を待っていたということがあります。

誰もが生きていく上で、どこかで必ず通過していく少年の「真実」の感情の経験が、21世紀の今もなおこの映画を見る人の心の琴線にふれてきます。物語の主筋に沿って、次々と映し出される細部の映像の描写がまた素晴らしく、何度見てもその度に新しい発見と感触が得られることも、この映画の魅力です。

12