最新情報

第128回 フランス・アラカルト 「フランス演劇『タルチュフ』の鑑賞とお話」

✤日時:2016年1月29日(金)15:00~17:00
✤会費:会員1000円、一般1500円
✤会場:「菜宴」
(奈良市小西町19マリアテラスビル2F  TEL: 0742-26-0835 近鉄奈良駅近く)
✤問い合わせと申込先: nasai206@gmail.com tel & fax : 0743-73-0371

✤ゲスト:山本邦彦さん
1941年京都市生まれ。1964年京都大学文学部卒業。1966年同修士課程修了。1968年から1971年までフランス政府給費留学生。フランス文学、演劇学専攻。現在、奈良女子大学名誉教授。主要著書『ギィ・フォワシィー フランス喜劇への招待』。主要論文「革命と、革命的演劇と」「変装のモチーフ」「アリストテレス『詩学』に挑む20世紀演劇の冒険」。主要訳書に、ギィ・フォワシィ『チェロを弾く女』『王様盛衰記』。

✤山本邦彦さんからのメッセージ:
モリエールは17世紀後半、ルイ14世の時代に活躍した、フランスを代表する喜劇作家です。『ドン・ジュアン』『人間嫌い』『守銭奴』など数々の名作を残していますが、なかでも最も人気の高いのが『タルチュフ』です。今回は、今も語りぐさになっている近年の名舞台、1973年収録、ジャック・シャロン演出、ロベール・イルシュ主演のコメディー・フランセーズ映像を使って、『タルチュフ』の見どころ、聴きどころを解説します。

秋の教養講座2015:放送から29年、「バロン薩摩の夢を追う」取材回想

日時:2015年11月23日(祝・月)
1) 講演会 15:00~17:00(参加無料) 放送大学奈良学習センターZ308 講義室にて
2) 懇親会 17:20~19:00 頃(参加費:会員3000円、一般3500円) 野菜ダイニング「菜宴」にて

講演者:野島正興 (のじま まさおき)

講演者プロフィール:1947年香川県生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修卒。元NHKアナウンサー、盛岡、徳島、奈良、京都、名古屋、大阪などに勤務。著書『百済観音半身像を見た』『茶の道そぞろ』。現在、大阪経済大学非常勤講師、奈良日仏協会副会長。

主催:奈良日仏協会、放送大学奈良学習センター

参加申込方法: 11月16日までに 奈良日仏協会宛てにEメール又はFAXで送信お願い致します。
E-mail : afjn_info@kcn.jp  Fax : 0742-62-1741

※定員40名を超えた時点で、参加申し込み受付を終了しますので予めご了承願います。

バロン薩摩こと薩摩治郎八は大正末から昭和の初めにかけてパリで活躍したもはや伝説の人物である。フランス滞在中に使った費用は現在のお金なら500億円を下らないとされる。多くの美術、音楽、舞踊、文学などの芸術家と交流し日本に紹介。いわば日仏文化交流の草分け的存在である。フランス政府からレジョン・ドヌール勲章を二度受章している。現在、唯一形となって残るものは、彼がパリ大学都市に建設・寄贈した日本館であり、現在も世界各国からの芸術・学術の徒がここに滞在する。瀬戸内寂聴『ゆきてかえらぬ』、獅子文六『但馬太郎治伝』はいずれも薩摩治郎八をモデルとした小説として知られる。

私は以前、NHK徳島放送局に勤務し、薩摩終焉の地となった徳島に多くの遺品が保管されていることを聞いた。この遺品の文書類などを手がかりに、徳島「バロン・サツマの会」の協力を得て、『薩摩治郎八年譜』(新垣宏一四国大学教授編集)を作成。これを基礎として、私は薩摩治郎八が追い求めた夢は何だったのかを探る四国特集「バロン薩摩の夢を追う」(1986.11.28放送)を企画する機会を得ることになった。番組はのちにBS全国放送となり、放送直後、関西日仏学館(現アンスティチュ・フランセ京都)のミッシェル ワッセルマン館長から電話を受け、番組について講演依頼されたことは驚きとともに印象深い。

ところで、薩摩治郎八の自伝『せ・し・ぼん』には、彼自身の人生を象徴的に語る興味深い二つの文章が見られる。
「生活と美を一致させようとした一種の芸術的創造」
「夢と機会が偶然交触することによって人生の蜃気楼は生まれ出る」
今回は企画、取材、制作の場面を回想し、薩摩治郎八の実績と人物像、放送から29年を経て思う新たな視点についてお話申し上げたい。

さて、10年後の2025年は薩摩が招致した東京帝国ホテルでの「アンリ・ジルマルシェックスピアノ演奏会」(1925)から100年となる。後年、ジルマルシェックスが音楽院長を務めた「ポワチエ音楽院」のフランス人ピアニストの協力を得て、「ジルマルシェックス帝国ホテルピアノ演奏会100年、あの日のプログラム」を何らかの形で実現できないかと、これは私の・・・やはり夢の企画であろうか。

副会長  野島 正興

『六つの心』 Cœurs

第39回 奈良日仏協会シネクラブ例会案内
39ème séance du ciné-club de l’Association Franco-Japonaise de Nara

★日時:2015年10月25日(日)13:30~17:00
★会場:奈良市西部公民館5階第4講座室
★プログラム:アラン・レネ監督『六つの心』(2006年, 126分)
★参加費:会員無料、一般300円
★飲み会:例会終了後「味楽座」にて ※例会・飲み会とも予約不要
★問合わせ:tel. 0743-74-0371 Nasai206@gmail.com

◆Date & horaire : le dimanche 25 octobre 2015, de 13h30 à 17h00.
◆Lieu : Nara Seibu Kominkan, 5-kai (4ème étage) salle 4
(juste à côté de la gare Kintetsu Gakuenmae)
◆Programme : Cœurs, 2006, 126 min.
◆Réalisateur : Alain Resnais
◆Participation : gratuit pour membres et étudiants, 300 yens pour non-membres
◆Réunion amicale : au restaurant Miraku-za
◆Renseignements : Naoko ASAI Nasai206@gmail.com tel. 0743-74-0371

今秋からアラン・レネ特集をお送りします。当シネクラブでは2009年12月から2010年6月にかけて、レネの作品を3本(『メロ』『恋するシャンソン』『アメリカの伯父さん』)紹介しており、今回は2度目のレネ特集となります。レネは昨年2014年3月1日に91歳で亡くなりましたが、最後まで新しい作品を作り続け、映画監督としての生涯をまっとうしました。『六つの心』は83歳の時の作品で、サビーヌ・アゼマ、アンドレ・デュソリエといったレネとともに年を重ねて円熟味を増す常連俳優たちが、落ちつきのある味わい深い演技をみせてくれます。原作はレネお気にいりのイギリスの劇作家アラン・エイクボーンの「Private Fears in Public Places」。舞台をロンドンからパリに移しかえて、都会に生きる男女6人の日常の生活と内なる孤独をさりげなく浮き彫りにした、とても粋な作品です。

この映画のフランス語原題の直訳は『心』ですが、邦題には「六つの」が加えられています。パリに暮らす6人の登場人物が出会ったりすれ違ったりしながら、内なる「心」のドラマが描かれているからでしょうか。それぞれの流儀で仕事やプライベートを大切にしながら、彼らが孤独と自由を享受して生きる生活空間、室内のインテリアや冬のパリの雪景色の映像も見ごたえがあります。

第127回 フランス・アラカルト “Cuisine Familiale avec Monsieur Yonezu” のご案内

✤日時:9月7日(月)14:00 受付 14:15 開始  16:30 終了予定
✤会費:会員1300円、一般1800円
✤定員:20名(先着順)
✤会場:「菜宴」(奈良市小西町19 マリアテラスビル2F TEL: 0742-26-0835 近鉄奈良駅近く)
✤問い合わせと申込先: macquico@gmail.com tel & fax : 0743-75-8136 又は tel. 080-1440-2841

✤ゲスト:米津春日さん(1930年生まれ。1990年よりリーガロイヤルホテル総料理長、1998年よりリーガロイヤルホテル料理特別顧問。フランス製菓連合会より金賞授賞。フランス・ランス市商工会議所より功労賞受賞。労働大臣表彰「現代の名工」受賞。全日本司厨士協会より卓越最高技術顧問金賞受賞。フランス料理アカデミー協会会員、エスコフィエ協会日本支部、ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会、他著名団体の理事を務める。1998年 黄綬褒章受賞、2007年フランス共和国より「農事功労賞シュヴァリエ」受賞)

✤米津さんからのメッセージ:食文化を支えているのは家庭の味です。親から子へ伝えられる料理の味がその国の食文化を支えていると言ったら言い過ぎでしょうか。今回はフランス料理というものが日本にどのように伝わり、どのように根付いていったのかをひもときながら、家庭で簡単に作れるフランス料理をみなさんにご紹介します。

今秋「ガイドクラブ復活」のお知らせ

奈良は、『万葉集』あるいはもっとそれ以前の時代から現在に至るまで、大和や日本の内外から、様々な旅人を迎えて来た土地です。日本とフランスの文化交流活動に携わっている私たち奈良日仏協会では、かつて会員有志が「ガイドクラブ」を作り、奈良を訪れるフランス人にフランス語でガイドをするという活動をしていました。ここ数年中断されていましたが、この秋、会員のフランス人の友人を浄瑠璃寺に案内することになり、久しぶりに再開します。浄瑠璃寺は実際には「大和」ではなく「山城」に位置していますが、近鉄奈良駅からバスで25分くらいの所にあり、奈良観光と合わせて訪れることの多いお寺です。

◇9月19日(土)勉強会開催  (14:30~16:30)
奈良在住のピエール・レニエさんを講師にお迎えして、浄瑠璃寺のことをフランス語ではどのように紹介すればいいのか、一般的なことを習います。さらに、かつてこの寺に訪れた二人の旅人の文章を紹介し、彼らがここで何をどのように感じたのか考えてみます。ひとつは哲学者・和辻哲郎(1889-1960) の『古寺巡礼』(大正8年初版、昭和21年改版、浄瑠璃寺を訪れた時のことを記した部分とその仏訳)、もう一つは作家・堀辰雄(1904-1953) の『浄瑠璃寺の春』(昭和18年『大和寺・信濃路』所収、日本語のみ)です。以下に和辻の一節を紹介します。

「この心持ちは一体何であろうか。浅い山ではあるが、とにかく山の上に、下界と切り離されたようになって、一つの長閑な村がある。そこに自然と抱き合って、優しい小さな塔とお堂とがある。心を潤すような愛らしさが、すべての物の上に一面に漂っている。それは近代人の心にはあまりに淡きに過ぎ平凡に過ぎる光景ではあるが、しかしわれわれの心が和らぎと休息とを求めている時には、秘めやかな魅力をもってわれわれの心の底のある者を動かすのである。」
Quel sentiment était-ce donc? Certes, c’était une montagne peu profonde, mais tout de même, sur cette montagne, il y avait un village calme, comme s’il était détaché de ce bas monde. Et là, il y a cette élégante petite pagode et le pavillon du temple enlacés avec la nature. Au-dessus de tout cela, plane un charme adorable qui pourrait enrichir le cœur. C’est un paysage trop léger et trop banal pour le cœur de l’homme moderne, mais lorsque notre cœur a besoin d’harmonie et de repos, son charme discret fait vibrer quelque chose au fond de notre cœur.

 
外国人であれ日本人であれ、誰かにある場所のことを紹介する時、かつて訪れた人のことを知ると、自分自身の経験も深められるような気がします。10月10日の散策には参加できずとも勉強会のみの参加も歓迎です。
○参加費:会員500円 一般800円(当日配布資料代含む)
○場所:生駒市芸術会館美楽来・セミナー室1
○申込先:Nasai206@gmail.com (9月1日以降)tel&fax 0743-74-0371

 

◇10月10日(土)浄瑠璃寺散策 (12:45集合~16:15解散、その後、参加者有志で飲み会)
浄瑠璃寺は、平安時代に末法思想が流行った時に多数建立された九体阿弥陀堂が唯一残る貴重な寺院です。境内は、東には東方浄土の薬師如来を安置する三重塔(国宝)、西には西方浄土の阿弥陀如来を安置する本堂(国宝)が、中心には池があり、この形が「浄土式庭園」を形作り、仏教の中の極楽浄土の世界を表しているとされています。当日は、講師のピエール・レニエさんと客人のフランス人とともに、近鉄奈良駅で待ち合わせて、路線バスで浄瑠璃寺に向います。この日のみの参加可能。
○参加費:会員1500円 一般2000円(定員12名、要予約、バス代・拝観料込み)
○申込先:Nasai206@gmail.com  (9月1日以降) tel&fax 0743-74-0371

123